工場で使う生産用設備の設計製作といえば株式会社サイトー

株式会社サイトーのはじまり

 株式会社サイトーは、今から50年前の1964年に「齋藤商店」という社名で始まりました。創業初期は手作りの台車を販売していました。ホームセンターが無い時代ですので、お客様の要望に合わせて一台一台手作りしたものです。それを鮮魚市場、製本会社、工場等に納めていました。
 ある日、その台車を納めている納入先から、工業炉(連続炉)の製作を持ちかけられます。
当時は、それを製作する職人や設計者、設備、場所等が完全に不足した状態でのスタートでした。しかし、何度も試してはやり直し、手を変え品を変えの試行錯誤の上、なんとか完成させることができました。それが、今日のサイトーの原点となっています。
 現在では、工業炉だけでなく、医療機器から、自動車部品の製造設備まで幅広く製作しております。